犬・猫の仲

我が家の飼い犬と、お隣の飼い猫(犬も飼っている)の微妙な間柄・・・
イメージ 1
我が家の犬(ララ)・猫に興味があるのだが、逃げてくれないので追わえられない、
猫が堂々としているので、何かあるぞと期待と警戒で接する、小心者?
イメージ 2
隣の猫(ミイ)は・・自分家でも犬を飼っているので、大きさ的に小型犬は怖くない、
犬に興味があるのだが正面から見てくれないので遠巻きに見ている、犬に危害を
与えっるような素振りなし、遠巻きに見ているが、むしろ遊んで欲しいようだ。
イメージ 3
隣の犬(トム)は、犬猫とも大好きで、いつも遊ぼうと吠え抱きつき匂いを嗅ぎまくる。
イメージ 4
野良猫(ハチ)は・・飯が貰えればどうでもいい、人・犬・猫にも媚を売る上手者、
野良にしては長寿だったのだが、天寿を全うし雪の日に冷たくなっていた。
 

ノラネコ

我が家の付近は自然がいっぱい、狸や雉や猪やアライグマさえ徘徊している。
ノラネコにエサをあげる人も多いために、いつも8匹くらいが生息している、
ノラネコによるさまざまな被害もあるが、動物大好きな家系のため無視していたが、
知らないうちに裏の家庭菜園用のロッカーの下に、ノラネコが子供を生んでいた。
2日前から子猫の声がしていたのだが、隙間にタオルを引き込み出産していた、
親は付近ではおなじみの「ハチ」と呼ばれる猫、多産系?で3才くらいだろうか?
祖母がこの春から飼いはじめた子猫も、この「ハチ」の子供であることは確認済み。
あまり大声で泣くのでちょっと確認してみたら、出血と手足の具合がおかしい、
イメージ 1
嫁さんとふたりで引き出して良く見ると、出産時の胎盤と臍の緒が取れていない、
乾燥した臍の緒が互いに絡み合い、3匹の後ろ足にきつく絡みつき鬱血している、
はさみで絡んだ胎盤と臍の緒を切り離し、足に絡みついた臍の緒も切断した。
これでやっと3匹が別々に動けるようになったが、臍の緒が長時間絡んだ1匹は、
鬱血がひどく後ろ足先端が壊死する可能性もある、ほかの3匹は大丈夫だろう、
タオルごとロッカー下に戻すとき、愛犬が子猫の興味をもち近寄ってしまった、
6歳の雌犬で妊娠・出産未経験なのだが、突然母乳が滴り落ちる状態になった、
母性本能が子猫で励起されたのだろうか?、子猫を欲しそうなそぶりも見れた。
イメージ 2
知らないうちに親猫の「ハチ」が裏の畑に戻ってい、子猫たちから少し距離を置くと、
子猫のところにすぐに戻り、4匹に乳を与えているところを確認するとができた、
育児放棄をしないか心配だが、子猫がもう少し大きくなり目が開く頃までは、
特別にロッカー下を使うことを黙認しようと思う。
 
 
 
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ