練習用

れんげの花②


ゲンゲの花が正解らしいが自分には、れんげの花がなれ親しんでいる。
蜜柑の産地で有名な有田地方、蜜柑の花との組み合わせは至難に技ではあるが、
れんげなら良い場所があった、加茂郷~下津間の田圃なのだが引きが取れない、
それならばと「こいのぼり」とのコラボ、れんげ畑の端に腰を掛けてゆく列車を撮影。
イメージ 1
☝1983/4 加茂郷~下津  客132レ  郵便・荷物車+旧型客車4両
イメージ 2
   ☝1983/4 加茂郷~下津  客132レ  郵便・荷物車+旧型客車4両
イメージ 3
☝1983/4 加茂郷~下津  貨物      2軸貨車のオンパレード
イメージ 6
   ☝1983/4 加茂郷~下津  貨物 初島~和歌操間の石油専用貨物列車 
イメージ 4
☝1983/4 加茂郷~下津  普通列車 当時はオール6両 (天王寺~紀伊田辺)
イメージ 5
☝1983/4 加茂郷~下津  381系「くろしお」 

この場所も今は宅地化で消滅・・・、当時の列車編成は長く見栄えが良かった。

恐竜を探せ

「恐竜を探せ」和歌山県立自然博物館のイベントに、近畿地学会としての協力、
石の割方や化石の見つけ方など採集方法、見つけた化石の鑑定などのお手伝い、
毎回すごい応募者があり高倍率のイベント、今回は700件の応募があったとか・・・
遠方からの応募は埼玉県、当選者で最も遠方からの参加者は愛知からとか、
あいにくの雨の予報なのだが、昼間は小雨程度という事と参加者なの熱気で開催、
イメージ 1

イメージ 2
約100名の参加者と恐竜探しにいそしんだ、参加者の熱気で雨は小止みとなって、
終了までぽつりぽつりで大雨とはならなかった、残念ながら恐竜の発見は無し・・・・
イメージ 3
一億3000万年前の恐竜時代、汽水域の海岸の生物化石を採集できた。

峠を越えた?

私の仕事は春・夏・年末・年始、サービス業の為にこの時期も時期も忙しいのだが、
年2回は必ず訪れる繁忙期が3月と10月にある、今まさにその時期の真っただ中、
イメージ 1
2月後半から準備の為に泊まり勤務終了後、数時間の超過勤務で対応している、
今日やっと自分の担当するパートが終了、後は各担務との調整とすり出し作業だ、
2月中旬の娘の就職に伴う引っ越し、気持ちよく休日が休める日が訪れた・・・・・・
家庭菜園の整備に追われるが、10日は県自博の「恐竜を探せの」のお手伝い、
海沿いの産地で思いっきりハンマーが振れる・・もとい採集のお手伝いができるだ!

今回も時間切れ・・・

気になる産地・・・・・アイノセラスの産地の残石、割にも行きたいのではあるのだが、
Centropygeが終末に入るという事なので、紹介した手前抜け駆け採集は控えたい。
そうだ!お隣の産地ならば問題ないだろう、前回は時間切れ写真撮影だけで終了、
大きく崩れている場所は触れないが、左側の土砂の堆積部分を狙ってみよう・・・・
やはりここも先人の割跡がたくさんあり、まずその石を小割しながら採集する。
イメージ 1
☝採集前中央部が崩されている ☟キャナドセラスの大物も一部を採集(住房)
イメージ 2
この産地では以前キャナドセラスの大物を採集、その場所は壁の中心部分で垂直、
転石割を行った後は堆積部の石を割る、小物ながらもアンモナイトが見つかる。
イメージ 3

   ☝8cmのゴードリセラス   ☟2cmのミニゴードリセラス

イメージ 4
イノセラムスならお持ち帰り品がザクザク、付近の杉林の転石などを見て回ると・・・
アイノセラス?肋の特徴から推測すると、キャナドセラスの子供のようにも思える、
イメージ 6
川筋以外でも結構転石やガレ場があり、この付近での採集もありかなと思う。
探索に時間を使いガレ場に戻ると17:00、川の中の巨石に見えるイノセラムス、
イメージ 7

イメージ 5
ちょこっと石をはがしてみたら30cm大、採集はできないがモニユメントに最高だ。

岐阜巡検

今シーズン初めての巡検となるはずだった、地学会の例会が現地状況により中止。
2連休を岐阜巡検②として実施、前回と同様の意コースで4カ所の産地を巡検、
1日目は岐阜県本巣市のペルム紀の産地、お隣の根尾谷で本物の菊花石を探す、
2日目は岐阜県高山市の砂金採集と、荘川ジュラ紀のアンモナイトを目指せ。
結果は3勝1敗でおおむね成功でした、後はクリーニングと割り出し次第です・・・・
イメージ 1
☝紅葉まっさかりの根尾谷、化石と菊花石を同じ谷で採集できる嬉しい場所です
イメージ 2
☝流出木の根っこで見つけたノジュール?、確認の為に一部割り出したら菊花石?
イメージ 3
☝オームガイは駄目でしたが・・こんな見事なシカマイヤがごろごろしていました
イメージ 4
☝荘川のジュラ紀の産地、石が固く悪戦苦闘、ココの化石は現地性の化石かな?
イメージ 5
☝同地の砕石場跡にて2枚貝と思い採集、しかし巻いています後はどこまで有るか
イメージ 6
六厩川は水位が高く洪水等で激変、コケはがしで採集でしたが砂金少し持ち帰り?

今シーズン初めての化石採集、ボーズは免れましたオーム貝は目の保養だけ、
今まで使っていなかった筋肉が悲鳴を上げています、でもアンモはうれしかった。


プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ