鉄道、列車

経年劣化

以前も話したがフイルムの経年劣化、密封容器で封印して乾燥材を入れ保管しても
やはりフイルムの劣化は進んでいた、開封すると酸っぱいにおいが充満している。
イメージ 1
☝1983年撮影野上電鉄 35mmネガ 修整済
イメージ 2
☝1984年 野上電鉄 4X45ポジ 未修整
イメージ 3
☝1977年 常紋信号所 キハ82 オホーツク  未修整
イメージ 4
☝1977年 利礼ドーム C5549  未修整

その時のフィルムの処理などで、著しく劣化の度合いが進んでいるのがわかる、
特に1984年頃から始まった、QSSという35mmネガフイルムの現像処理が最悪、
自動処理がもたらした均一化・簡略化が、以後の保存に影響を与えているようだ。
大画面フイルム6X7や6X45それにポジフイルムは、プロラボ指定だったので、
思ったよりも劣化が進んでいないのが判明した、次の修正処理に頭が重い・・・・

冷気をちょっと!

古い写真1984年の1月頃の冬、和歌山駅と和歌山操車場駅での撮影、
今のように撮り鉄に対して厳重な警戒態勢でなく、また鉄道フアンのマナーも良好、
駅の方も仕事に余裕があったのか、ホーム下での撮影も許可されることが多く、
撮影中は常に看視下に置かれたが、この様な写真も撮影することができた?

機関区などでもも身分が保証出来て、入場記録簿に名前を書けばほぼ許可OK・・
イメージ 1
☝和歌山駅 紀勢本線、早朝の122列車でしょうか(駅社員の立会)
イメージ 2
☝和歌山駅 和歌山線、旧型客車の臨時回送列車(DE10重連)(駅社員の立会)
イメージ 3
☝和歌山操車場駅 宮前方  発車準備のEF15 (担当機関士さんに許可)
イメージ 4
☝和歌山操車場駅 宮前方 紀勢線貨物列車(担当機関士さんに許可)

南国和歌山でも雪は降る、慣れない雪道を駅まで走り始発前のひと時の撮影、
暑い季節のひと時の涼風?だめでしょうか?、スキャン作業を続けていますが、
フイルムに状態が悪く四苦八苦しています、それにしてもバカスカ撮ってますね。


紀勢本線全通60周年記念号

東西の紀勢本線が全線開通して60周年、記念の団体旅客列車が運転された、
新宮駅ではJR東海の記念Hマーク付き85系「南紀」、287系のパンダくろしお車両、
到着した記念旅行列車の3本並びや、駅でのイベントなども予定されていた・・・・・・
当日の14日は「那智の火祭り」も行われる、しかし行きたくとも用事で行けな~い。
近場の冷水浦で撮影を実行した、ここなら家から車で行って写真撮って1時間、
雨にもかかわ絵らず5人ほどのマニアがいました、声をかけて後ろで手持ち撮影、
通過前に止んでいた雨が大降りになりヒヤッとしましたが、なんとか1枚撮影・・・・・
イメージ 1

イメージ 2
イベント車両が無いJR西日本、紀勢線で撮影できるのは工臨か「なにわ」だけ、
鉄道マニアも集中してしまいます、撮り鉄には寂しい時代になってきましたね。

ネガフイルムスキャン

老人ホーム化した自宅から離れられないので、古い写真のネガをスキャン・・・・
イメージ 2
☝紀勢本線 南部~岩代 貨物390レ?と381系くろしお  (千里海岸)
イメージ 3
☝紀勢本線 南部~岩代 臨客 EF58+なにわ  (千里海岸)
イメージ 1
☝紀勢本線 紀三井寺~黒江 貨物5372レ EF15+DF50+貨車+DF50

今と違いフイルムが必要だった時代の写真、ネガから読み取れるのは節約と倹約、
被写体を大事にしていたのだと読み取れる、列車本数が多いのに写真が少ない、
無駄な写真を撮っていないのが読取れる、昭和52年の14泊の北海道旅行でさえ、
使用したフイルムは6本だったのに驚く、写真よりも旅行に重点を置いていたのだ、
その後就職して4泊の北海道旅行では、各種フイルム合わせて30本を使っている、
旅行費用を上回る撮影フイルム+現像料+プリント料で大7枚を消費している・・・・
今だったらメモリーカード1枚で事足りる、その代わりに撮影する被写体が少ない、
なかなかうまくいかない物ですね・・・・、週末DD51による臨時列車が運転される、
撮影に行こうか迷う所である。

紀勢西線を走る「南紀」

鉄道線路上では時時、とんでもない物が走行することがある・・・・・・・
映画撮影で二木島駅(非電化)に乗り入れた、電気機関車EF58(DF50の代走)、
機関車不具合の間合いで回送[明星]を牽いた、出雲のHマーク付きEF651000代、
車籍がない(部品取用)にもかかわらず営業走行した、有田鉄道キハ58136号など、
たわいもないことですがそんな一コマ・・・・・当日はキハ81の本線走行最後の日、
昭和53年10月1日有田川橋梁、営業運転最後の日のキハ81を待ち構えていた、
一部の列車は電化開業を控えて電車運転でした、和歌山方からの車両の接近、
時刻表では予定臨の時刻で、現れたのは80系DC6連の臨時列車(回送列車)、
イメージ 1
よく見るとHマークが「南紀」、明日から運転が始まる名古屋~紀伊勝浦の特急?
イメージ 2
日中の紀勢西線を和歌山~新宮まで回送、それも明日に向けHマーク付けたまま、
今となってはもっと線路寄りで構えていれば、とんでもない写真が撮影できたのに。

プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ