飛行機

航空自衛隊 奈良基地祭

F104J戦闘機の実物に触りたくて、航空自衛隊奈良基地祭に行ってきた。!
イメージ 1
怪獣映画では、F104JとF86Jはともによく登場して楽しませてくれましたね
小学生の頃に奈良基地に近い、奈良ドリームランドでこの戦闘機をはじめてみた!
この時も何かのイベントだったのか、二機編隊で数回低空飛行を行っていました。
とうの昔に現役を引退して入るが、機体が全国の空自基地などに保存されている、
一番近場の奈良基地にも保存されているとのことで、一度見たいと思っていた。
面倒な基地見学申請が要らない、奈良基地祭が6日行われるとのことで訪問した。
基地内には退役したF86J、F86D、T33J、F1、T34A、F104Jが保存されている。
イメージ 11

イメージ 2

イメージ 3
基地祭と言うことで午前はF15J、午後はC131・KC767なども飛来していました、
イメージ 4

イメージ 5
高機動車試乗会、軽装甲機動車、ペトリオット展示やその他車両の展示会もあり、
イメージ 6
自衛隊グッズの販売や屋台もあり初めてながら思いっきりわくわくしちゃいました。
F104Jですがさすがに人気者で、コックピット展望台への人垣が切れない状態です、
イメージ 7

イメージ 9

イメージ 8

イメージ 10
今改めて現物に触れるとロケット並みの胴体に、毛の生えたような主翼と尾翼で、
あらためてよく飛んでいられるものだと感心しました、最後の有人戦闘機???
空自の現場での愛称は「三菱鉛筆」、まさにそのとうりです!
戦争マニアではありませんが、自衛隊の基地祭なかなか面白いですね!。

ご苦労さま石垣空港

今日沖縄県石垣空港が、最後の日を迎える。
新しい新石垣空港(ぱいぬ島空港)は3月7日開港となる、
最終便はJTAの628便那覇行きだろうか?
3月7日からは新空港の使用開始、到着便ではJTA600便出発は601便から、
新しい空港は大きくなり着発も安全になり、直行便の運行も始まる、
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
便利になるが・・着陸時の逆噴射急ブレーキ、離陸時のロケットスタートが無くなる、
これも時代の流れだから仕方ないか???今度の空港は良い所ばかりじゃない、
石垣市内まで30分もかかるじゃないか!
 

石垣島一周 1

そろそろネタも切れてきたので・・・
5/6~10にかけて石垣島一周の内容の紹介でお茶を濁したい?
関西空港から石垣島まで運んでくれたのは、JTA083便ボーイング737-400型、
イメージ 1
新しい日本トランスオーシャン航空の新機材(2011.7~)、クラスJつきの機材だ、
運良く4番K席を確保(クラスJの座席だった)、シート良く2-3の5列で快適だった、
四国九州は雲が厚く下界は雲の中、屋久島の宮之浦岳永田岳がはっきり見えた、
イメージ 2
トカラ列島の島々が次々に現れ、諏訪之瀬島は噴煙も上空から確認出来た。
その反面奄美・沖縄諸島の島々、宮古諸島は右側になりまったくだめだった、
石垣島への着陸が告げられると、眼下に石垣島の最北端がが見えてくる、
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
平久保崎~船越~星野と、リーフをまとった緑の多い島の東側を降下してゆく、
イメージ 6
今回は北方からの進入のため、黒島の上で急旋回は無しで新空港の上を抜け、
短い滑走路に逆噴射と急制動で着陸、いつもながらはらはらする着陸だ、
駐機場に停止後にドアが開くと、石垣島の熱い空気がどっと進入してくる、
イメージ 7
タラップを降り到着口まで歩き始めると、石垣島まで来たことを実感する。

八重山 新石垣空港

ちょっと見ないうちにここまで工事が進んでいました、仮称「美ぬ島空港」
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
概存の石垣空港に変わり、来年3月開港予定の新空港である。
滑走路2000m(2120m)、B767クラスの中型ジエット機が就航可能・・・
予定地選定時から紆余曲折を得て、カラ岳南側の陸上案に決定されるにいたり、
2006年より工事が始められた、環境にやさしいと言う工事が行われているらしい、
展望台から見ると、滑走路と管制塔などは、ほぼ工事は終了しているようで、
現在ターミナルとその付近の工事が急ピッチで行われているようである。
石垣空港へ北からの着陸コースの下に当たり、すぐ上空を飛行機が通過していく、
イメージ 4
ここからだと北側の空港侵入路に近いカラ岳は、削り取られた部分がよく見える。
工事直前に山頂に立ちましたが、山頂の東側すっぱり切り落とされてます、
新空港開港時には、急制動・逆噴射・直行便なのに那覇経由が無くなるのは、
喜ばしいことでもあるますが、亡くした物も大きいですね。
 
イメージ 5
新空港工事開始前の2006年の写真がありました、雲が多くてすみませんが、
右端の雲の下がカラ岳、中央左に轟川の河口と盛山海岸が見えています。

八重山 石垣空港

八重山の玄関口石垣空港、新空港開業で2013年3月6日で役目を終えます?
イメージ 4
イメージ 5
関西空港から2時間30分、飛行機の着陸降下の案内があるとウキウキします、
イメージ 1
石垣島の連なる山並みとそれを取り囲む、珊瑚礁が目を楽しませてくれます。
通常なら右手に平久保崎を見ながら、石垣島のリーフに沿って飛行しての着陸、
イメージ 3
又は市街を右に見て黒島の上空でUターン、石垣屋の屋根をかすめての着陸です、
滑走路が1500mしかないジエット暫定空港の為、着陸には数々の条件が伴い、
着陸後すぐ逆噴射と急制動が行なわれる為、ちょこっと緊張感が伴います、
過去何度か天候による着陸中止ややり直し、最悪オーバーランも発生しています。
イメージ 2
搭乗口から搭乗機間をバス又は徒歩移動する為、飛行機をま近に見る事も可能、
写真の飛行機はJTA沖縄線増便に伴い、JALから購入した新機材B737-400
 
那覇空港は沖縄を感じませんが、石垣空港は南の島を感じる魅力的な空港です。
 
 
 
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ