飲食店

歓送迎会

新しい職場にも慣れてきたところで、遅れていた歓送迎会をしてもらった・・・
田辺からの転勤した者、田辺に転勤した者合わせて市内の居酒屋さんでの飲み会、
人口比に対する飲食店の割合が日本一の田辺市、おいしい店を紹介してくれた。
地元の魚にこだわった「むそう」というお店、ウツボ湯引き?、ナガレコなどが並ぶ、
初めてのウツボを食した、ウツボのたたきは臭みもなく柔らかい不思議な味わい、
イメージ 1
お刺身の盛り合わせも地元食材、サバ・まぐろ・カツオ・ヒラメ・タイラギなどなど・・・
イメージ 2
主人のおすすめ地元のアマダイの一夜干し、うろこともども食したがなかなかの味、
イメージ 3
地元の魚にこだわったメニューがすばらしく、今度ゆっくり一人で食べにいきたい。

古民家カフエ

近場で沖縄料理を食べられるところ、和歌山には3軒しかない、
お昼ご飯となれば2軒となる、まもなく本場物を味わえるのだが・・・・・
今回は一人旅となるために、嫁さんへのサービス(安くつく)を兼ねてお昼ご飯、
昼食時を外して訪れたので、一段落ついて空いていたので縁側に通された、
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
この時期メニユーが少なくて期待はずれだが、大好きな沖縄そばは年中楽しめる、
嫁さんはフーチャンプルー、私は沖縄そばセットを注文した、
セットには、サラダ・ミニ沖縄そば風スープ・ご飯・ドリンク・サーダアンダーギー、
がセットとなっている、沖縄食堂と同じくゆっくり食事を楽しむことができた。

地元のジェラート

先日我が紀美野町にも、美味しいジェラートのお店ができました。
ド田舎で開店しても大丈夫なのかと思われる場所です(すみません)、
とは言ってもサンリゾートライン経由で、赤い「キミノーカ」という看板が目印で、
和歌山市内から60分くらいで来れます、海南市内からも30分くらいですか?
本日気温はうなぎのぼりで33度を突破・・・、夕方車を走らせ行ってきました。
イメージ 1
 
イメージ 2
 ▲まだ残っている熱気のためにすぐ溶け始めた・・・▼付近は山椒・柿畑に囲まれている
イメージ 3
閉店間際でお目当ての梅・柑橘系は売り切れ、山椒ミルクをチョイスしました。
山椒の香りがほのかに鼻腔をくすぐります、山椒独特の食味は押されられていて、
ミルクと合わさり、非常にすっきりとした味(ミント調)に仕上がっています、
これ◎です、家から近い事も有り、すべてのメニユーに挑戦できそうです
付近は何も無い所(フランス料理「chezみなみ」・パン工房「岳人」あり)なのですが、
日曜日は売切れが出るほど繁盛しているようです・・冬場はどうする?
 
 
 
 
 

古民家カフエ「ハンダマ」

2012年の7月に開店した古民家カフエ「ハンダマ」
名前の由来は、沖縄などで古くから栽培食されている紫葉野菜に由来している。
沖縄料理メインで家から近いのだが、行く機会がなく半年以上過ぎてしまった、
繁盛しているようで、ゆっくり食事休憩を楽しめるので女性の方が多いとか、
ちょっと沖縄病も出てきているので、意を決して嫁さんを誘い昼飯に・・・・
イメージ 3
ちょっと狭い路地を抜けて、ごくごく普通の門構えの民家です、駐車場あり。
イメージ 1
イメージ 2
南向けで明るい、オーナが手を入れている庭が有ります、本屋以外にも席有り。
イメージ 4
イメージ 5
部屋から庭を眺めています、縁側がここの一番座とも言えますね。
イメージ 6
イメージ 7
メニユーは少ないのですがどれも本格的な沖縄料理です、煮込みハンバーグ?
沖縄そば、こーやちゃんぷる、ふーちゃんぷる、パスタなどなど季節ものもあり、
セットメニユーにするとドリンクとサーダアンダーギーが付きます。
私は季節物のなーべらー(ヘチマ)ちゃんぷるにするか沖縄そばにするか迷い、
沖縄そばに嫁さんはふーちゃんぷる、セットはご飯おかわり10パイまでOK?、
味は・・・参りました・・美味しいです、特にふーちゃんぷるの味は絶品です、
特に油の使い方が気に入りました、大阪の◎◎よりさっぱりして絶妙!
沖縄病が再発したら、ここの料理で充分抑えられそうです。
 
「ハンダマ」さん料理のレパートリー、もっと増やしてくらないかな~!

八重山 居酒屋

石垣島には、おいしいものを食べさせてくれる居酒屋が多い。
沖縄は豚しか食べるものが無いと、息巻いている友人も多いのですが、
こんなものがと言うものが食卓に上るとともに、料理に工夫が多いのも特徴です。
家族旅行では食事について、山の神への家族サービスを兼ねているので、
気兼ねなくおいしい店でグルメをとなるが、一人旅の時は次を考えて節約ムード、
それでも1件くらいはと言う事で、家族旅行でもよく利用する居酒屋八重山村へ、
しかし当日は予約でいっぱいとのことで、お隣の「居酒屋豊年満作石垣店」へ移動。
こちらは席数も八重山村の4倍で、カウンターが開いていたのでこちらで食事を、
全国展開のチェーン店なので、リーズナブルな価格で地元の料理も食べられる、
家族旅行でも毎回利用しているお店なので、気軽に入ることが出来ました。
イメージ 1
まずオリオンから始まり直火清福で締め、料理は島ラッキョ、モズクてんぷら、
地魚のお刺身、てびち、タカセ貝の炒め物、グルくんおにぎりで満腹状態。
呑むより食い気でした、翌日の石垣島一周に向けて燃料補給は万全です。
 
それ以外の日の夕食は、スーパーで地元食品を買い込んで一人宴会です。
 
 
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ